朝日新聞を始めとする新聞や出版物を販売する、朝日新聞販売会社14社のグループです。

沿革

歴史と伝統に支えられながら、それを乗りこえる新たな挑戦を朝日新聞社は続けていきます。

朝日新聞社の歴史
1879年(明治12年) 1月25日 大阪・江戸堀で絵入り・ふりがな付きの「小新聞」として創刊
1883年(明治16年) 部数2万部を超え全国1位に
1888年(明治21年) 東京の「めざまし新聞」を買収し東京朝日新聞創刊
1907年(明治40年) 夏目漱石入社
1909年(明治42年) 石川啄木入社
1915年(大正4年) 全国中等学校有償野球大会を創設。甲子園大会の前身
1922年(大正11年) 出版部門を復活し「週刊朝日」など創刊
1923年(大正12年) 9月 関東大震災で東京の社屋を焼失
1935年(昭和10年) 北九州と名古屋で現地印刷を開始
1936年(昭和11年) 2.26事件で反乱軍が東京の社屋に乱入
1937年(昭和12年) 国際友好の願いを込め、「神風」号の亜欧連絡飛行実施
1940年(昭和15年) 全国4本社体制に
1945年(昭和20年)

言論・報道の責務を十分に果たせないまま終戦を迎えた責任をとり、11月、幹部が総退陣。
紙上宣言「国民と共に立たん」

1952年(昭和27年) 不偏不党をうたった「朝日新聞綱領」制定
1956年(昭和31年) 南極学術探検を支援
1958年(昭和33年) 日本対ガン協会設立
1959年(昭和34年) 北海道支社設立に際し、世界初のファクシミリ新聞を実用化
1978年(昭和53年) 森林文化協会設立
1979年(昭和54年)

創刊100周年
世界初の女性だけの東京国際女子マラソン開催

1980年(昭和55年) 東京本社の築地移転で、世界に前例のないコンピュータによる紙面製作と高速オフセット印刷を採用
1986年(昭和61年) 国際衛星版の発行開始
1987年(昭和62年) 阪神支局に散弾銃を持った男が侵入。記者2人を殺傷する事件発生
1988年(昭和63年) 「AERA」「ASAHIパソコン」創刊
1995年(平成7年) インターネット情報サービス「アサヒ・コム」開始
1999年(平成11年) 創刊120周年
2001年(平成13年)

ヘラルド朝日」創刊
新聞文字を拡大。1段11文字に

2002年(平成14年) 週末新聞「be」創刊
2004年(平成16年) 会員制サービス「アスパラクラブ」スタート
2008年(平成20年) 新聞紙面文字拡大。12段13文字に
2009年(平成21年) 創刊130周年
2010年(平成22年) 中之島フェスティバルタワー起工
2011年(平成23年) 「朝日新聞デジタル」スタート
2012年(平成24年) 中之島フェスティバルタワー竣工