先輩の声(神戸)
Voice

高石昇

朝日新聞神戸販売株式会社 柳原支店 支店長 高石昇

新聞業界に入ったきっかけ

新聞販売所経営者募集の求人広告を見たのがきっかけです。そこで新聞販売の仕組みや、販売店の業務内容などを知り、興味をもち入社しました。 前職も仕入や利益管理などの管理業務をやっており、「裁量権のある仕事」が自分には合っていると感じておりました。経営者となり、自分の理想とする販売店を一から築いていきたいと感じたのが、入社の動機です。

苦労話、成功体験

入社した当初は、人手不足で労務管理には苦労をしました。ただ、前職で人を「使う」立場にいたことで、色々な失敗や成功があったので、その経験を生かすことができたと思います 従業員に自分の理想を一方的に押し付けず、「人と人との対話」を重ねることで個々が働きやすい環境づくりを心がけ、人手の確保に努めました。 困難を「従業員みんなで乗り越えた」という一体感が従業員全員に芽生え、従業員同士の信頼・絆が深まりました。今後同じような人材難がおとずれても、みんなで協力し合い、乗り越えていくことが出来ると確信しています。

今後の目標

経営者になり、自分の理想とする「一人一人の従業員が働きやすい」環境づくり、「ここの販売店で働けてよかった」と従業員に思われる販売店を作りたいと思います。 また、朝日新聞を購読していただいているお客様に常に喜んでいただける「顧客満足度」の高い販売店を築いていきたいと思っています。

プライベート

趣味は、家事と買い物です。疲れやストレスが溜まった時などは買い物や、家の掃除、料理などしてリフレッシュしています。

閲覧者へのメッセージ

高石昇

「新聞販売店てどんな仕事なんだろう?」と不安に感じる方もいるかもしれませんが、とにかく飛び込んでみてください。年齢や学歴は関係ありません。自分の頑張りや能力が、すぐに結果に結びつくので、すごくやりがいのある仕事です。